2012年06月17日

「シェーナウの想い」上映報告



2012年4月8日に、千年一日珈琲焙煎所で「シェーナウの想い」の上映会を行いました。
約25名の方に参加して頂きました。

映画には、当時の実際の映像が使われていて、初期の頃の活動の様子や、選挙や住民投票の緊張の場面なども収録されています。映像を見ているだけで、メンバーの熱い想いや、運動の広がりが伝わってきました。市民活動でも、これだけのことが実現できるという希望を感じた上映会でした。

皆さんの感想から。
・日本ではアツい運動が見られないのがさみしい。
・感動です。
・日本の市民の力を強くしたい。一人一人の力。民主主義。
・シェーナウのメンバーの笑顔が素敵だった。
・「変えられるんだ」っていう、こうゆうストーリーを自分も生きてゆきたい!
・プラスの方向(否定じゃなくて)、出来ることから、というところが「やっぱりそうだよね!」と思いました。

「シェーナウの想い」は、送料さえ負担すれば、誰でも無料で上映会を行うことができます。おうちで、知り合いを集めて上映するのもOK。この上映会の輪が繋がっていくことを願っています。
詳細は自然エネルギー社会をめざすネットワークへ。

当日、常陽新聞さんが取材に来て下さり、素敵な記事にして頂きました。下記ご紹介します。
常陽新聞記事(2012年4月17日)



同じカテゴリー(シェーナウの想い)の記事
 「シェーナウの想い」上映会 4月8日 (2012-03-13 23:46)

Posted by tkl  at 09:03 │Comments(0)シェーナウの想い

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。