PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ  at 

2013年09月07日

ツクろーかる3周年記念イベント報告



2013年6月7日に開催した、トークイベント「それぞれの千分の三」のご報告です。

(1) おひさま進歩エネルギー株式会社の紹介(蓬田裕一)
ツクろーかるの設立者である蓬田さんから、勤め先の「おひさま進歩エネルギー株式会社」(長野県飯田市)の紹介です。2004年に寄付によって保育園に設置した発電所からスタートし、日本初の市民出資による太陽光発電ファンドを立ち上げ、おひさま0円システム、メガファンドに至るまでの話がありました。
固定価格買取制度が立ち上がる前は、太陽光発電は採算性が厳しかったにも関わらず、行政から20年間の長期契約を取り付けるなど、地域と連携しながら事業を広げて行った手腕が見事です。
つくばには、豊富な人材、広い土地、東京に近いなどのアドバンテージがあるので、本気でやれば、本当の環境都市になれる、という話には、勇気付けられました。

(2) ヒッピータウン・ニューヨーク州イサカ市! 
  イサカ大学留学中に見たアメリカと環境(石原祥子)
ツクろーかるメンバーの石原さんが、イサカ大学に2年間留学した経験を話してくれました。イサカ大学は、アメリカのニューヨーク州の自然豊かな土地にあります。環境教育が盛んで、授業はディスカッション中心。クラブ活動でも、スローフードや学内有機農場など、学生による環境活動が盛んに行われているそうです。有名な地域通貨であるイサカマネーは、現在停滞中ということですが、環境意識が高く、地域活動が活発な都市だと感じました。
今後は、教育についてさらに学ぶため、スウェーデンのウプサラ大学へ2年間留学するそうです。どんなことを学んで帰ってくるか楽しみです。

(3) 自分で作る発電ファーム(松岡顕)
ツクろーかる代表の松岡が、現在DIYで建設を進めているソーラーシェアリングの紹介をしました。ソーラーシェアリングとは、農地の上に高い架台を設けて、その上に隙間を空けてソーラーパネルを設置し、農業と発電を両立させようというアイデアです。
荒れた山林の開墾から始めて、整地、ビニールハウス設置、基礎と支柱の設置、パネルの設置と、徐々に完成に向かって進んでいる様子をスライドショーで紹介しました。詳しくは、つくばソーラーシェアリングプロジェクトをご覧ください。

----------------------------------------------------------



夜は、千年一日珈琲焙煎所をお借りして、打ち上げを実施しました。ツクろーかるの前身の、ツクバthinkロッカショの創立メンバーが3人もかけつけてくれて、懐かしく、賑やかな宴会になりました。

常陽新聞にも掲載されました。
(松岡)
  

Posted by tkl  at 00:00Comments(0)3周年記念トーク

2013年06月07日

ツクろーかる3周年記念イベント

先月、5月26日で、「千年先の未来・ツクろーかる」は設立3周年となりました。
ノグソフィアから始まり、映画上映会、県内公共施設の節電調査、独立ソーラー発電
ワークショップ等、様々な活動をしてきました。
今回、3周年を記念して、運営スタッフ3名の活動を紹介するトークイベントを開催します。
それぞれの人生の転機となった、大変ユニークな経験談でもあります。ぜひご参加下さい。

ツクろーかる3周年記念企画
■トークイベント「それぞれの千分の三」
日時:2013年6月29日(土) 開場 13:30 開演 14:00 終了16:00
場所:つくば市金田1338-2(金田台の生態系を守る会事務所) 駐車可
定員:約20名
参加費:500円

参加ご希望の方は、下記まで「お名前」「人数」「連絡先」をお知らせ下さい。
問い合わせ先:
 email:1000tkl(at)gmail.com 「(at)」を「@」に変えて送信して下さい。
 090-5067-6020(松岡)

(1) おひさま進歩エネルギー株式会社の紹介(蓬田裕一)
3.11をきっかけにつくばから長野県飯田市へ移住。“市民出資”を集めて自然エネルギーの
普及をする「おひさま進歩エネルギー」で働いています。地域と連携したユニークな事業内
容と、飯田市から見たつくば市のポテンシャルなどについてお話します。

(2) ヒッピータウン・ニューヨーク州イサカ市!
 イサカ大学留学中に見たアメリカと環境(石原祥子)
Ithacaはニューヨーク州と言えどもニューヨークシティからは車で5時間も離れた、湖畔
にある小さな大学街。「Ithaca is Gorges(gorges=渓谷、gorgeous=美しい、素晴らしい)」
という街のスローガンに表されるように、風景もきれいで、寮の裏は森。イサカのエコビレッ
ジを中心に、先進的な環境への取組みは日本に名が届くほど。自然・環境専攻の私にとって
は、超資本主義国家で環境にも取り組まないというアメリカ社会のメインストリームに負け
ずに、研究・授業する先生、活動的な学生に囲まれてもらった刺激と勇気は何ものにも替え
られない。そんな話を少しします。

(3) 自分で作る発電ファーム(松岡顕)
ツクろーかるの活動がきっかけとなって、セルフビルドで太陽光発電所の建設をすることに
なりました。一般的な屋根での太陽光発電ではなく、農業と発電を両立させるソーラーシェア
リング方式の発電所です。現在建設中の発電所の様子と、1000年先への展望をお話します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※「千年先の未来・ツクろーかる」は、
千年先も続く、持続可能な地域作りを目指す市民団体です。
つくば・創ろう・ローカルをつなげて、「ツクろーかる」
  

Posted by tkl  at 10:02Comments(0)3周年記念トーク